«
»

漁具倉庫をテレワーク施設にリノベーション

静岡県焼津市で、「歴史的な資産として倉庫を活用したい」

漁具倉庫をテレワーク施設にリノベーション

テレワーク施設にリノベーションされる予定の漁具倉庫=静岡・焼津

 静岡県焼津市は、焼津漁業協同組合が所有するJR焼津駅近くの漁具倉庫を、リノベーションによりテレワーク施設にする。2021年度に50人以上が利用できる施設として運営を開始する予定で、飲食や宿泊の機能も備える方針。

 倉庫は築約60年の鉄筋コンクリート造り2階建てで全54部屋。現在は網など漁具の保管場所として使用されているが、老朽化が進んでいる。

 市の担当者は「全国一の水揚げ金額を誇る焼津漁港で漁業を支えてきた歴史的な資産として、倉庫を活用していきたい」と話している。

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。