ワシントン・タイムズ・ジャパン

「こどもの日」に東京湾クルーズ「海さんぽ」

小学生以下を無料招待、コロナ禍の子供たちを元気に

「こどもの日」に東京湾クルーズ「海さんぽ」

デッキの上で写真撮影をする親子=5日、東京湾(川瀬裕也撮影)

 東京湾でクルージングレストランなどを運営するシーライン東京(代表=斉藤博章)は、「こどもの日」の5日、小学生以下の子供が無料で乗船できる特別クルーズ「海さんぽ」を開催した。子供約60人とその保護者らが参加し、デッキの上で写真を撮るなどして楽しんだ。(一社)日本旅客船協会が主催する「小学生乗船無料キャンペーン」の一貫。

 子供たちは下から見るレインボーブリッジや、低高度で通過する羽田空港の飛行機などに大喜び。普段は見ることのできない操舵室も公開され興味津々だった。

 両親と3人兄弟で参加した男児(小2)は「船を操縦しているところを見ることができてうれしかった」と笑顔を見せた。

 緊急事態宣言に伴い、乗船前の検温や船内の消毒など感染症対策を徹底した上での開催となった。担当者は「コロナ禍で大変だが、クルーズで子供たちに元気になってもらえれば」と話した。

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。