«
»

幻想的な大藤のライトアップ、2万人が来園

あしかがフラワーパーク、「鬼滅の刃」効果で話題に

幻想的な大藤のライトアップ、2万人が来園

ライトアップされた藤を楽しむ来園者=4日、栃木県足利市のあしかがフラワーパーク(竹澤安李紗撮影)

 「みどりの日」の4日、約350本の藤が咲き誇る「あしかがフラワーパーク」(栃木県足利市)では、家族連れや写真愛好家など約2万人が訪れた。

 漫画「鬼滅の刃」で「鬼が近寄らない」花として話題となった藤の花。同園では、樹齢160年、広さ1000平方㍍の大藤棚や、長さ80㍍の白藤のトンネルなどを楽しむことができる。同園の職員は「『鬼滅の刃』の影響は大きい。感染症対策を万全に行いながら楽しんでもらいたい」と話した。

 夜のライトアップを楽しみに訪れたという会社員の女性(64)は「大藤の幻想的な光に包まれ、万葉の世界に誘われた」とうっとりしていた。夜のライトアップは16日まで。入園料は花の咲き具合で変更する。

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。