ワシントン・タイムズ・ジャパン

ソフトバンク、守護神の不在で一丸となり勝利

持てる力を生かし耐えた救援陣、首位に立つ楽天を破る

ソフトバンク、守護神の不在で一丸となり勝利

力投するソフトバンク5番手の岩崎=4日、ペイペイドーム(時事)

 2ゲーム差で首位に立つ楽天を相手に、終盤のリードは2点。ソフトバンクはブルペンが一丸となって逃げ切り、3連敗を免れた。

 9連戦のさなか、4月30日に抑えの森が左肘の治療で離脱した。今季は先発が長い回を投げられない試合が多く、この日も笠谷が五回途中で降板した。しかし救援陣が奮闘。六回は3番手津森、七回は嘉弥真が3人ずつで抑え、勝ちパターンへの流れをつくった。

 正念場は6―4の八回。4月30日に森の代役でサヨナラ打を浴びた岩崎がマウンドへ。先頭島内を歩かせ、ディクソンにも左前打を許した。無死一、二塁。ピンチを迎えてギアを上げた。

 二回に先制ソロを放った茂木を二ゴロ、代打岡島も一ゴロとして2死二、三塁。続く代打小郷を3球で追い込み、4球目に内角へこん身の151キロを投じた。バットに空を切らせ、「粘ることができてよかった」と一息ついた。

 九回を任されたモイネロは「(八回との)違いを感じることなく全力で抑えにいった」。平常心で腕を振り、3人で締めた。「ひやひやするところもあったが、リリーフ陣は頑張った。あしたも全員でいきます」と工藤監督。守護神不在でも、持てる力を生かして戦っていく。

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。