ワシントン・タイムズ・ジャパン

箱根湯本駅で多言語ロボットが観光・施設案内

当初は外国人観光客への対応を想定、感染防止対策に有効

箱根湯本駅で多言語ロボットが観光・施設案内

箱根登山鉄道の箱根湯本駅に設置された多言語対応ロボット=神奈川県箱根町(時事)

 東京から近い人気の温泉街を抱える神奈川県箱根町。玄関口である箱根登山電車の箱根湯本駅に、観光や施設の案内を行う多言語対応ロボットが設置された。

 当初は、訪日外国人観光客に対応することを想定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、外国人の訪問が激減。そんな中、感染防止対策としての非対面・非接触による駅対応業務に役立っている。

 「トイレはどこ」などの構内施設の案内はロボットに任せ、駅員は改札やホーム案内、設備点検、精算といった本来業務に集中できると好評だ。

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。