«
»

1964年東京五輪の公式ポスターなどを展示

国立公文書館春の特別展、「東京の街の成長を感じて」

昭和天皇と吉田茂内閣総理大臣の署名がある「御署名原本」

昭和天皇と吉田茂内閣総理大臣の署名がある「御署名原本」

 戦後の東京をテーマに国立公文書館(東京都千代田区)は10日から、春の特別展「1964高度成長と東京オリンピックの時代」を開催する。それに先立ち9日、報道向け内覧会が行われた。

 通常は目にすることのできないサンフランシスコ平和条約の公布に関する当時の昭和天皇と吉田茂内閣総理大臣の署名がある「御署名原本」を公開(写真)。1964年東京五輪前後の街並みが分かるスライドや、当時の五輪公式ポスターと聖火リレーの写真など他機関から画像提供を受けたパネル資料も展示している。

 同展を企画した同館の調査員は「東京が都市化される前の様子を写した資料を通して、普段何気なく生活している東京の街の成長を感じてもらいたい」と語った。同展では貴重な資料約40点を展示している。入場無料、来月23日まで。

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。