ワシントン・タイムズ・ジャパン

温泉旅館に原発事故「考証館」がオープン

福島県いわき市、湯本温泉の老舗旅館「古滝屋」で

温泉旅館に原発事故「考証館」がオープン

東京電力福島第1原発事故に関する資料を展示する「原子力災害考証館」=27日、福島県いわき市の旅館「古滝屋」(時事)

 福島県いわき市の湯本温泉にある老舗旅館「古滝屋」に、東京電力福島第1原発事故に関する資料約100点を展示した「原子力災害考証館」がオープンした。

 防護服を着用して行方不明者を捜索する住民の写真や、津波に巻き込まれた同県大熊町の女児の遺品などが並ぶ。宿泊者以外も無料で見学できる。

 旅館の当主、里見喜生さんは「原子力災害で古里の歴史や文化、営みが喪失した。エネルギーは福島だけでなく全国の課題。『自分ごと』と思って見に来てほしい」と話している。

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。