«
»

拉致解決に努める、米大統領に協力要請

菅首相、被害者家族らと面会、総力挙げる方針を示す

拉致解決に努める、米大統領に協力要請

拉致被害者家族の横田早紀江さん(右から2人目)らと面会する菅義偉首相(左端)=7日午後、首相官邸(時事)

 菅義偉首相は7日、北朝鮮による拉致被害者の家族らと首相官邸で面会した。16日の日米首脳会談に触れ、「日本にとって拉致問題がいかに重要かを直接伝え、理解してもらい、協力して拉致解決に努めていきたい」と述べ、バイデン米大統領と連携して取り組む考えを表明した。

 首相は「拉致問題は内閣の最重要課題だ」と強調。「日本が主体的に動かなければならない。私自身、条件を付けずに金正恩委員長(朝鮮労働党総書記)と向き合う決意だ」と述べ、全ての拉致被害者の早期帰国に総力を挙げる方針を示した。

 拉致された横田めぐみさんの母、早紀江さんは「被害者救出に全力で取り組んでもらいたい」と述べ、期限を切って対応するよう重ねて要望。拉致担当を兼ねる加藤勝信官房長官も同席した。

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。