ワシントン・タイムズ・ジャパン

ゴッホらの作品2点を盗難、容疑者を逮捕

オランダ警察が発表、ハルス作品も、絵の所在は不明

ゴッホらの作品2点を盗難、容疑者を逮捕

10年前に一度盗まれた後、警察が取り戻したフランス・ハルスの「笑う2人の少年」=2011年11月、オランダ西部(AFP時事)

 オランダ警察は6日、ビンセント・ファン・ゴッホらの絵画作品2点を昨年、国内の美術館から盗み出したとみられる男(58)を中部バールンの自宅で逮捕したと明らかにした。ただ、作品はいずれも見つかっておらず、捜査を続けている。

 盗難作品は、ゴッホの「春のニューネンの牧師館の庭」(1884年)と、17世紀に活躍したオランダの画家フランス・ハルスの「笑う2人の少年」(1626年)。昨年3月と同8月にオランダ中部のラーレンとリールダムにある美術館からそれぞれ盗まれた。

 地元メディアによると、ゴッホ作品は600万ユーロ(約7億8200万円)、ハルス作品は1500万ユーロ(約20億円)とも推計される。(ブリュッセル時事)

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。