ワシントン・タイムズ・ジャパン

3年ぶり、岡山絵里が5打差逆転でツアー優勝

アクサ・レディースで、 2勝目、「アメ車」 が事前のご褒美

3年ぶり、岡山絵里が5打差逆転でツアー優勝

逆転優勝を果たし、優勝カップを手にする岡山絵里=28日、宮崎・UMK・CC(時事)

 苦しんだ末、ようやく勝利にたどり着いた。岡山が逆転優勝。3年ぶりの2勝目に、「すごく長かった」と涙を流した。

 首位河本を5打差から追った最終日。強い雨が降る中、連続バーディーで発進すると、13、14番の連続バーディーで詰め寄った。そして、「最低でもバーディー。イーグルなら最高」と臨んだパー5の18番。ピンまで約30ヤードからの第3打をピン奥2・5メートルにつけ、これを沈めてバーディー。最終組の河本が18番のバーディーパットを外し、優勝が決まった。

 大阪府出身の24歳。昨年は開幕から3大会連続予選落ちを味わうなどもがいた。パーオン率は高いだけに、課題はパッティング。南秀樹コーチの助言で「今までは点でボールを打とうとしていたが、面全体で考えるようになった」と意識を変えたことが実った。

 優勝のご褒美は前もって用意していた。米国車の「カマロ」を今年購入し、「2年くらいずっと欲しかった。お父さんに相談し、それで頑張れるなら買えと言われた」。30日の納車にきっちり間に合わせ、笑顔がはじけた。

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。