«
»

岸防衛相、オタワ会議で中国海警船の動きを批判

オンラインで出席、台湾・南シナ海情勢にも懸念を表明

岸防衛相、オタワ会議で中国海警船の動きを批判

「安全保障・防衛に関するオタワ会議」にオンライン形式で出席し、スピーチする岸信夫防衛相=13日、防衛省(防衛省提供・時事)

 岸信夫防衛相は13日、カナダのシンクタンクが主催する「安全保障・防衛に関するオタワ会議」にオンライン形式で出席した。沖縄県・尖閣諸島周辺での中国海警局の船舶の活動を取り上げ、「状況は深刻化している。わが国の主権を侵害するもので、断じて受け入れられない」と批判。海警局の武器使用権限を明確化した海警法に関しても、国際法との整合性の観点から改めて問題視した。

 会議には各国の閣僚や軍関係者、有識者が参加した。日本の防衛相の出席は初めて。岸氏は台湾情勢について「中台の軍事バランスは全体として中国側に有利な方向に変化し、その差は年々拡大する傾向にある」と述べ、将来の武力行使に警戒感を示した。中国が軍事的に威圧を強める南シナ海情勢にも懸念を表明した。

3

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。