ワシントン・タイムズ・ジャパン

海自の新型護衛艦2隻目「もがみ」が進水

慢性的な人手不足の中、対中国・北朝鮮の体制維持へ

海自の新型護衛艦2隻目「もがみ」が進水

進水した海上自衛隊の新型護衛艦「もがみ」=3日午前、長崎市の三菱重工業長崎造船所(防衛省海上幕僚監部提供・時事)

 海上自衛隊の新型護衛艦(全長133メートル、排水量3900トン)の命名・進水式が3日、三菱重工業長崎造船所(長崎市)で行われ、「もがみ」と命名された。2022年以降に就役する。昨年11月に三井E&S造船の玉野艦船工場(岡山県玉野市)で進水した「くまの」に続き、2隻目。

 海自は、中国軍の海洋進出や北朝鮮の弾道ミサイルへの対応など任務が増大する中で、慢性的な人手不足に陥っている。新型艦は船体をコンパクト化し、運用システムを集約化。乗組員は約90人とイージス艦の3分の1程度に抑えた。複数のクルー制も導入し、限られた人員による護衛艦の運用体制を維持する。

 防衛省は護衛艦を増強し、28年度には54隻にする計画。うち22隻がコンパクトな新型艦になる。海自幹部は「新型艦を投入することで、高度な防空・対潜戦能力を備えるイージス艦をより有効に使えるようにもなる」と話している。

2

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。