ワシントン・タイムズ・ジャパン

NHK朝ドラのヒロインは黒島結菜さんに決定

22年度前期の「ちむどんどん」は沖縄方言「心が高鳴る」

NHK朝ドラのヒロインは黒島結菜さんに決定

NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」のヒロインに決まった黒島結菜さん(NHK提供・時事)

 NHKは3日、第106作目となる2022年度前期の連続テレビ小説(朝ドラ)は「ちむどんどん」、ヒロインは俳優の黒島結菜さん(23)に決まったと発表した。

 1972年の本土復帰から50年にわたる沖縄の歩みを背景に、料理人を目指すヒロインとその家族の姿を描く物語で、「ちむどんどん」は心が高鳴ることを意味する沖縄の言葉。脚本は、14年度後期の朝ドラ「マッサン」などを手掛けた羽原大介さんが担当する。

 沖縄県出身の黒島さんは「マッサン」や19年度後期の朝ドラ「スカーレット」などで活躍。3日朝の同局の情報番組に出演し、「自分がヒロインになるとは思っていなかったので驚いている。いつかヒロインをできたらという思いもあったので、うれしい気持ちでいっぱい」と語った。

22年度前期の 「ちむどんどん」 は沖縄方言で 「心が高鳴る」

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。