«
»

岸信夫防衛相、自衛隊初の宇宙作戦隊を視察

宇宙状況監視のために昨年発足、「期待は非常に大きい」

岸信夫防衛相、自衛隊初の宇宙作戦隊を視察

宇宙作戦隊による監視活動について説明を受ける岸信夫防衛相(右)=27日、東京都府中市の航空自衛隊府中基地(時事)

 岸信夫防衛相は27日、航空自衛隊府中基地(東京都府中市)を訪れ、自衛隊初の宇宙領域専門部隊「宇宙作戦隊」を視察した。岸氏は隊員への訓示で、「今はまだ小さな部隊だが、宇宙領域において果たすべき役割、期待は非常に大きなものとなっている。常時監視体制の確立に向けて一層尽力することを期待する」と強調した。

 宇宙作戦隊は、不審な人工衛星などを監視する目的で昨年5月に20人規模の部隊として発足。人工衛星による宇宙状況監視(SSA)が2023年度に始まるのに備え、人材育成や米国との連携体制の構築に取り組んでいる。

3

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。