«
»

中学校教科書「従軍慰安婦」の記述復活に抗議

新しい歴史教科書をつくる会が山川出版社の申請受け集会

中学校教科書「従軍慰安婦」の記述復活に抗議

「中学校教科書『従軍慰安婦』記述復活にSTOP!」の基調報告で登壇した新しい歴史教科書をつくる会の藤岡信勝副会長=24日、東京・永田町(桑原孝仁撮影)

 新しい歴史教科書をつくる会は24日、「中学校教科書『従軍慰安婦』記述復活にSTOP!」と題する緊急集会を東京・永田町の憲政記念館で開いた。同会では令和元年度教科書検定において、文部科学省が山川出版社の申請図書で「従軍慰安婦」の記述を合格させたことに抗議し、教科書から「従軍慰安婦」の記述を削除するよう強く求める決議を採択した。

 基調報告では、同会の藤岡信勝副会長が登壇し、山川出版社の従軍慰安婦の記述について六つの間違いを指摘。萩生田光一文科大臣に対し、2度にわたり「従軍慰安婦」の文言を削除するよう求めたが、その都度初等中等教育局教科書課から拒否する回答が戻ってきた経緯を述べた。藤岡氏は「われわれが今止めなければ、(記述復活は)全社に広がっていく。今立ち上がらなければ、われわれの歴史的責任が問われる」と強調した。

 与党・自民党からは高市早苗衆院議員や山田宏参院議員ら、野党から日本維新の会の松沢成文参院議員らが出席した。

3

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。