«
»

カズ、36年目の誓い「探究心で最年長得点を」

「一つでも多く先発で出たい」54歳を前に調整法に変化

カズ、36年目の誓い「探究心で最年長得点を」

キャンプで練習に励む横浜Cの三浦=1月25日、和歌山県上富田町ⓒYOKOHAMA FC(時事)

 J1横浜Cの元日本代表FW三浦知良(53)が、キャンプ中にプロ36年目の誓いを立てた。狙うのは、ジーコが持つ41歳3カ月12日のJ1最年長ゴールの記録更新。昨季はかなわなかったが、「皆さんが期待してくれている。応えられるように良い準備をしたい」。言葉の端々から衰え知らずの情熱が伝わってくる。

 来月26日に54歳の誕生日を迎えるが、調整法に変化を加えた。「よりサッカーの動きに近くした方がいい」。毎朝6時からの5キロ走を取りやめ、休息を挟みながら心拍数を上げたり、下げたりする有酸素運動を取り入れた。左臀部(でんぶ)痛で出遅れた昨年の反省を生かし、練習量は少し抑えているという。

 新型コロナウイルスの影響で自主トレーニングは17年続けたグアムを見送り、沖縄で取り組んだ。食事会場や調理場を完全貸し切りで手配。感染防止対策に気をもむ日々でも、映画「男はつらいよ」シリーズの観賞が一服の清涼剤になった。「寅さんだったら、コロナでぎすぎすした世の中をどう捉えるかな。いろいろ良い言葉がある」としみじみ言う。

 昨季はJ1最年長出場記録を53歳9カ月23日に更新したものの、リーグ戦4試合(先発1試合)の出場にとどまった。親子ほどの年齢差がある若手に加え、伊藤、クレーベら実績のあるFWとのポジション争いは厳しさを増す。それでも「自分のすべてを込めてやっている。一つでも多く先発で出られるように努力する」。変わらぬ熱意で開幕に照準を合わせている。

2

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。