ワシントン・タイムズ・ジャパン

第91回東京インターナショナル・ギフト・ショー

京都から「新時代の工芸」ブース 東京ビッグサイトで来月3日から

第91回東京インターナショナル・ギフト・ショー

第91回東京インターナショナル・ギフト・ショーに出展予定の商品

 京都伝統産業ミュージアム(京都市左京区)は、2月3日から5日まで、東京ビッグサイト(東京都)で開催される「第91回東京インターナショナル・ギフト・ショー」に「新時代の工芸」ブースを出展する。

 コロナ禍の中、京都市は伝統産業であるものづくり産業を支援している。その支援の一環として、京都伝統産業ミュージアムが事業者や職人が開発した新商品・素材の発表の場、商談機会創出のために、ギフトショーでのブース出展となった。

 当日、会場には京都から43人の作り手が出席し、提灯(ちょうちん)、京扇子、京和傘、京焼・清水焼、西陣織など、多彩な技術によって生み出されたそれぞれの製品をPRする。

 ブースは、竹を基調とした「竹の小径」をイメージしたもので、京都らしさを感じる上品な空間演出となっている。

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。