ワシントン・タイムズ・ジャパン

70年ぶりに新1円切手、4月14日に限定発売

新デザインに 「ぽすくま」 「日本近代郵便の父」 前島密の肖像を起用

70年ぶりに新1円切手、4月14日に限定発売

日本郵便が4月に発売する「ぽすくま」デザインの新1円切手(右)と、前島密の肖像を使った切手(同社提供・時事)

 日本郵便は28日、約70年ぶりとなる新しいデザインの1円郵便切手を4月14日に限定発売すると発表した。「日本近代郵便の父」と呼ばれる前島密の肖像を使った現在の1円切手の販売を続けつつ、同社のイメージキャラクター「ぽすくま」を描いたシール式切手を追加する。

 同社の親会社、日本郵政の増田寛也社長は28日の記者会見で、新1円切手発売のきっかけは、新聞の投書欄に掲載された顧客の声だったと説明。郵便の利用は減少傾向にあるが、「はがきや封書を大事にしてくれる顧客から『違うデザインを』という声があり、潜在的なニーズは高いのではないか」と語った。

 新1円切手は全国の郵便局などで50枚のシート単位(50円)で販売。発行は1億枚(200万シート)限定とする。

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。