«
»

NASAが月面再訪用のエンジン燃焼試験

米ミシシッピ州のステニス宇宙センターで、予定よりも早く停止

NASAが月面再訪用のエンジン燃焼試験

16日、米南部ミシシッピ州ステニス宇宙センターで航空宇宙局(NASA)が実施した新型ロケット「スペース・ローンチ・システム(SLS)」のエンジン燃焼試験=NASA提供(AFP時事)

 米航空宇宙局(NASA)は16日、南部ミシシッピ州のステニス宇宙センターで、人類の月面再訪計画で使用する新型ロケット「スペース・ローンチ・システム(SLS)」に搭載するエンジンの燃焼試験を行った。当初は8分程度の燃焼時間を予定していたが、1分余りでエンジンが停止。計画前進に課題を残した。

 燃焼試験が行われたのは、米航空宇宙大手ボーイングが製造した「RS-25」エンジン。4基を一斉に燃焼させた。

 試験に立ち会ったNASAのブライデンスタイン長官は「燃焼時間が予定に満たなかったが、カウントダウンやエンジン点火は問題なく行われ、計画前進へ価値あるデータを得られた」と強調した。NASAはエンジン早期停止の原因を調査し、再試験の必要性を含め今後の方針を決める。

 NASAは今年中にSLSを使って無人宇宙船を打ち上げ、2024年に宇宙飛行士2人による月面着陸を計画している。ただ、SLS開発は計画より遅れており、バイデン次期大統領の顧問はロイター通信に、月面再訪を先送りすべきだという考えを示している。(ワシントン時事)

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。