«
»

画家の安野光雅さんが死去、94歳

「ABCの本」 「旅の絵本」 など独創的な絵本や風景画で人気を集める

画家の安野光雅さんが死去、94歳

画家の安野光雅さん(時事)

 「ABCの本」「旅の絵本」など独創的な絵本や風景画で人気を集めた画家の安野光雅(あんの・みつまさ)さんが昨年12月24日午前8時20分、肝硬変のため死去した。94歳だった。島根県出身。葬儀は親族で済ませた。

 戦後、山口県で代用教員になり、上京後、小学校の美術教員を経て1961年に画家として独立。68年、当時は珍しかった文章のない絵本「ふしぎなえ」で絵本作家としてデビューした。

 エッシャーのだまし絵のような造形でアルファベットを描いた「ABCの本」、想像力を刺激する「さかさま」など、遊び心に富んだ独自の作風を確立し、多くのファンを獲得。「旅の絵本」は世界各地を舞台に繊細な筆遣いで旅の楽しさを描いてシリーズ化された。

 その作品は海外でも評価され、84年には「児童文学のノーベル賞」といわれる国際アンデルセン賞を受賞した。

 88年に紫綬褒章、2008年に菊池寛賞、12年に文化功労者。

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。