«
»

文化審議会が重要民俗文化財に6件を答申

埼玉上尾「摘田用具」 岐阜郡上「寒水の掛踊」 長崎対馬「対馬の盆踊」など

文化審議会が重要民俗文化財に6件を答申

重要無形民俗文化財への指定が答申された「寒水(かのみず)の掛踊(かけおどり)」=岐阜県郡上市(文化庁提供・時事)

 文化審議会は15日、摘田(つみた)と呼ばれる水稲のじかまき栽培などに使う「上尾の摘田・畑作用具」=埼玉県上尾市=を重要有形民俗文化財に指定するよう、文部科学相に答申した。太鼓とかねを打ちながら躍動的に踊る「寒水(かのみず)の掛踊(かけおどり)」=岐阜県郡上市=など5件を重要無形民俗文化財に指定することも求めた。

 上尾市は関東平野の中央部に広がる大宮台地に位置し、水田に種もみをじかにまく摘田が1970年代前半まで行われていた。種もみを入れるザルなど750点が文化財に指定される。

 重要無形民俗文化財には「対馬の盆踊」=長崎県対馬市=、「野原(のばら)八幡宮風流(ふうりゅう)」=熊本県荒尾市=も指定される。寒水の掛踊と併せ、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に「風流踊(ふりゅうおどり)」として追加提案する見通し。

 文化審議会の答申は以下の通り。

【重要有形民俗文化財】

 上尾の摘田・畑作用具=埼玉県上尾市

【重要無形民俗文化財】

 放生津(ほうじょうづ)八幡宮祭の曳山・築山行事=富山県射水市▽寒水の掛踊=岐阜県郡上市▽阿波晩茶の製造技術=徳島県上勝町、那賀町、美波町▽対馬の盆踊=長崎県対馬市▽野原八幡宮風流=熊本県荒尾市

【登録有形民俗文化財】

 高野山奉納小型木製五輪塔および関連資料=和歌山県高野町▽鞆(とも)の鍛冶用具および製品=広島県福山市

【記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財の選択】

 用瀬(もちがせ)の流しびな=鳥取市▽松江のホーランエンヤ=松江市

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。