«
»

ナポレオンの鍵が1100万円、英競売商で落札

英領セントヘレナ島で最期を迎えた部屋から英陸軍将校が持ち帰る

ナポレオンの鍵が1100万円、英競売商で落札

フランス皇帝ナポレオンが最期を迎えたベッド=2017年10月、英領セントヘレナ島(AFP時事)

 1821年にフランス皇帝ナポレオンが流刑地の英領セントヘレナ島で没した部屋の鍵が14日、英競売商サザビーズのオークションにかけられ、8万1900ポンド(約1160万円)で落札された。落札予想価格3000~5000ポンド(約43万~70万円)を大幅に上回った。

 この金属製の鍵はさび付いた状態で、長さ13センチ。ナポレオンの死の翌年に部屋を訪れた英陸軍将校が、ナポレオンの信奉者だった母親へのプレゼントとして持ち帰ったとされる。

 鍵が入っていた封筒には将校が「ナポレオンが死去したセントヘレナの部屋の鍵」と記している。鍵は将校の子孫が英スコットランドの家にあったトランクから発見した。(ロンドンAFP時事)

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。