«
»

福を授けて60年、「大お多福面」がお目見え

福岡市博多区の櫛田神社で 口をくぐると商売繁盛・家内安全の御利益

福を授けて60年、「大お多福面」がお目見え

福岡市博多区の櫛田神社にお目見えした「大お多福面」=15日、福岡市博多区(時事)

 15日、来月の節分を前に、福岡市博多区の櫛田神社に高さ約5・3㍍、幅約5㍍の「大お多福面」がお目見えした。

 口をくぐると商売繁盛や家内安全の御利益があるとされ、参拝者が口の中へ吸い込まれていく。取り付けが始まって今年で60年。新型コロナウイルス感染拡大防止への取り組みとして、例年より10日早く飾り付けられた。

 同神社の高山定史さん(43)は「新型コロナが流行している今だからこそ、福が訪れてほしいと願って取り付けました」と語った。

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。