«
»

最強! アーモンドアイがラストランでも金字塔

クリストフ・ルメール騎乗で歴史的勝利三冠馬対決を制し最強を証明

最強! アーモンドアイがラストランでも金字塔

第40回ジャパンカップを制したルメール騎乗のアーモンドアイ(手前)。右は3着のデアリングタクト=29日、東京競馬場(時事)

最強! アーモンドアイがラストランでも金字塔

アーモンドアイに騎乗して第40回ジャパンカップを制し、拍手に応えるルメール騎手=29日、東京競馬場(時事)

 アーモンドアイが、ラストランでも金字塔を打ち立てた。無敗で挑んできた3歳の三冠馬2頭を退け、歴史的レースで日本馬の芝G勝利記録を9勝に伸ばした。

 鞍上のルメールは好スタートを切って4、5番手につけると、流れに逆らわず内側を進んだ。大逃げを打ったキセキにペースを乱されることもなく、「引っ張ってくれて理想的な展開になった」。直線の坂を上り切ったあたりで一気に加速。追ってきたコントレイル、デアリングタクトを危なげなく振り切った。

 名馬の資質をしっかり受け継ぎ、最強を証明した。父ロードカナロアは日本馬で初めて香港スプリントを制するなど、短距離で活躍してG6勝を挙げた。母の父は産駒にディープインパクトがいるサンデーサイレンス。父の父はキングカメハメハという良血だ。

 ジャパンカップは世界に通用する馬づくりを目指し、1981年に国内初の国際招待競走として創設された。アーモンドアイにとっては、2年前にレコード勝ちで日本馬の強さを世界に示した舞台でもあった。

 引退後は繁殖馬となる予定。ルメールが「彼女のストーリーはまだ終わらない」と言えば、国枝調教師も「子供を任せてもらえれば、こんなにうれしいことはない」。子が、孫が、また歴史に残る活躍をする。そんな夢を大きく抱かせてくれる終幕だった。

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。