«
»

医療従事者への感謝を伝える青いモノレール

「大阪モノレール」でラッピング車両「ブルーエール号」を運行

医療従事者への感謝を伝える青いモノレール

医療従事者への感謝の気持ちを込めた、大阪モノレールの「ブルーエール号」=3日午後、大阪府豊中市(時事)

 大阪府内を走る「大阪モノレール」は11月から、新型コロナウイルス対策に当たる医療従事者への感謝や応援のメッセージを記したラッピング車両の運行を始めた。

 青を基調とし、側面には吉村洋文府知事らによる「ありがとう」の文字を入れた。1年間運行する。

 9月から車両の装飾費などに充てる寄付金を募集。約2カ月で目標の700万円を達成した。運行開始日には臨時列車を用意し、寄付に応じた招待客ら約100人が乗車。病院前で停車し、青いハンカチを医療従事者に向けて振るイベントも行われた。

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。