«
»

大関の圧力、貴景勝が単独トップに立つ

11月場所13日目、格下相手に壁となって白星を並べる

大関の圧力、貴景勝が単独トップに立つ

志摩ノ海(手前)を攻める貴景勝。押し出しで下して1敗を堅持。単独トップに立った=20日、東京・両国国技館(時事)

 優勝争いの行方を大きく左右する一番で、大関が幕尻力士にまた不覚を取るわけにはいかない。そんな貴景勝の意地が、はっきりと見えた攻めだった。

 押し相撲の志摩ノ海との1敗対決。しっかり当たり、二の矢の突っ張りを繰り出す。しぶとく攻め返してきた相手を再び突いて圧力をかけると、いなしを交えて崩し、最後は押し出した。

 「集中していった」。脳裏には、今年初場所の千秋楽の相撲が焼き付いていることだろう。幕尻だった徳勝龍に立ち合いで十分に当たれずに完敗。相手に賜杯も許し、「勢いにのまれた。大関の資格がない」。その悔しさが消えることはない。

 今度は格下相手に壁となって白星を並べ、ついに単独トップに立った。八角理事長(元横綱北勝海)も「貴景勝にとっては大きいと思う」と言い、ひと山越えたとみた。

 13日目を終え、一人で先頭を走るのは大関8場所目で初めて。日増しに高まる緊張感を感じ取りながら、「期待に応えたい気持ちはあるが、応えるのも、裏切るのも自分次第。一生懸命頑張りたい」と覚悟を述べた。

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。