«
»

菅首相「産業構造や経済社会の発展につなげる」

温室ガス 「50年ゼロ」全閣僚一丸で実現に向け取り組む

菅首相「産業構造や経済社会の発展につなげる」

政府の地球温暖化対策推進本部の会合で発言する菅義偉首相(左から2人目)=30日午後、首相官邸(時事)

 政府は30日、首相官邸で地球温暖化対策推進本部(本部長・菅義偉首相)の会合を開いた。2050年までに温室効果ガス排出量を実質ゼロにする目標について、首相は「この挑戦を産業構造や経済社会の発展につなげる」と強調し、全閣僚一丸で実現に向けて取り組むよう指示した。

 同本部の開催は菅政権発足後初めて。首相は、梶山弘志経済産業相に対し、脱炭素化につながる成長戦略の策定を中心的に担うことや、エネルギーと産業分野の変革を推進するよう指示。小泉進次郎環境相には、国民のライフスタイルの転換を促す施策や、日本の取り組みの国際発信を求めた。

 また、政府の地球温暖化対策計画やエネルギー基本計画、温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」に基づく長期戦略の見直しの加速も指示した。

 会合終了後、小泉環境相は記者団に対し、「早速司令塔が動いて、今後の議論を進めやすくなった。環境省の責任を果たしていきたい」と述べた。

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。