«
»

「iPhone」の新型モデル「12」を発売

高速・大容量の「5G」に対応、携帯大手各社は5G普及に期待

「iPhone」の新型モデル「12」を発売

「iPhone(アイフォーン)」の新型モデル「12」を購入するため入店する人たち=23日午前、東京都渋谷区のアップル表参道(時事)

 米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新型モデル「12」シリーズが23日午前、発売された。高速・大容量のデータ通信が可能な次世代通信規格「5G」に対応した初のアイフォーンで、携帯大手各社は5G普及につながると期待する。

 12シリーズの全4機種の画面に、明暗がはっきりと映る有機EL(エレクトロルミネッセンス)を採用。新開発の高性能チップを搭載し、5Gに対応して動画のダウンロードなどが高速化した。

 標準機種「12」(画面サイズ6・1インチ)の場合、記憶容量64ギガ●の端末価格は、割引前で10万~11万円台。KDDI(au)とソフトバンクでは、端末を2年後に返却して新機種に買い替える割引制度のほか、期間限定の割引併用などでともに5万円前後となる。買い替えを前提としないNTTドコモでは、2年以内に端末を返却する割引の適用で6万円台になる。

 高性能カメラを備えた上位機種「Pro(プロ)」(同6・1インチ)の割引適用後の価格は、携帯大手3社で6万~11万円台。

 12シリーズのうち、画面サイズ5・4インチの「mini(ミニ)」と、同6・7インチの最上位機種「Pro Max(プロマックス)」は11月13日に発売される。

 23日朝、アップルの店舗を訪れた30代男性は「(5Gでは)動画、画像の遅延がなくなる。心地良さが全然違ってくる」と期待していた。

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。