«
»

菅首相、初の外遊前に散歩でリフレッシュ

赤坂や六本木周辺で、通行人に会釈、子どもに笑顔

菅首相、初の外遊前に散歩でリフレッシュ

警視庁のSPに警護されながら散歩する菅義偉首相(中央)=18日午前、東京都港区(時事)

 菅義偉首相は18日、外国訪問を前に、首相官邸近くの東京都港区の赤坂や六本木周辺を約45分かけて散歩した。

 途中、通行人に会釈したり、ベビーカーに乗った子どもに笑顔で手を振ったりした。記者団から「初の外遊前に散歩でリフレッシュできたか」と問われ、うなずいた。

 首相は日々の散歩を欠かさないが、官房長官時代と異なり、最近は警備を理由に官邸の敷地内で済ませるのが日課で、官邸の外を散歩したのは3日以来。

◆   ◇   ◆

就任後初、菅首相と麻生副総理財務相と二人きりで会食

 菅義偉首相は17日夜、麻生太郎副総理兼財務相と東京都内のホテルで二人きりで会食した。首相就任後、麻生氏との会食は初めて。26日召集の臨時国会への対応など当面の政権運営をめぐり意見を交わしたとみられる。

 衆院解散・総選挙の時期や追加経済対策が話題に上った可能性もある。安倍政権時代、麻生氏は安倍晋三首相とたびたび「差し」の会談をしていたが、菅氏とは解散判断や重要政策をめぐり意見の食い違いが見られた。

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。