«
»

餌集めに奔走、エゾナキウサギが冬支度

北海道鹿追町の 然別しかりべつ 湖畔で、国内では道内の山岳地帯にのみ生息

餌集めに奔走、エゾナキウサギが冬支度

然別湖畔の岩場で冬を越すための餌集めに奔走するエゾナキウサギ=16日、北海道鹿追町(時事)

 「ピィ、ピィ」。北海道鹿追町の然別(しかりべつ)湖畔の岩場に響く甲高い鳴き声。

 体長15㌢ほどのエゾナキウサギが、冬を越すための餌集めに奔走している。

 1万年以上前の氷河期に大陸から日本に渡ってきたとされ、国内では道内の山岳地帯にのみ生息。秋に蓄えた落ち葉などの餌を食べて冬を越すという。

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。