«
»

菅首相が靖国神社の秋季例大祭に真榊を奉納

例大祭期間中の参拝は見送る、周辺国への配慮とみられる

菅首相が靖国神社の秋季例大祭に真榊を奉納

靖国神社で始まった秋季例大祭に合わせて菅義偉首相が奉納した真榊(まさかき)=17日午前、東京・九段北(時事)

 菅義偉首相は17日、東京・九段北の靖国神社で始まった秋季例大祭に合わせ、「内閣総理大臣」の肩書で祭具の真榊(まさかき)を奉納した。18日までの例大祭期間中の参拝は見送る。

 安倍晋三前首相も在任中、同様の対応を取ってきており踏襲した。菅首相は外交方針に「中国をはじめとする近隣国との安定的な関係を構築する」ことを掲げており、周辺国に配慮したとみられる。

 大島理森衆院議長、田村憲久厚生労働相、井上信治科学技術担当相も真榊を奉納した。

 靖国神社には第2次世界大戦のA級戦犯が合祀(ごうし)されており、これまで首相や閣僚の参拝に中韓両国が強く反発してきた。

2

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。