«
»

3度目の正直、日比野菜緒がシングルス初勝利

全仏テニスでコスチュクを下す、「落ち着いてできた」

3度目の正直、日比野菜緒がシングルス初勝利

サーブを打つ日比野菜緒=29日、パリ(時事)

 ふわりと上がったコスチュクのリターンに、日比野はフォアのショットを打ち抜いた。3度目の挑戦だった全仏のシングルスで初勝利を挙げ、小雨の降る空を感慨深そうに見上げる。「精神的に、すごく落ち着いてできた」と素直に喜んだ。

 コスチュクは「天才少女」とも呼ばれる18歳。先の全米オープンでは、優勝した大坂なおみに3回戦で挑み、フルセットと健闘した。将来性豊かな相手に対し、ブレーク合戦の第1セットを奪ったのが大きかった。

 3―3の第7ゲームで握ったブレークチャンスで相手の甘い第2サーブを冷静に見極め、リターンエース。コスチュクのミスが増えた第2セットは1ゲームも与えず、試合時間58分の快勝だった。

 今年はコロナ禍で長くツアーが中断し、再開後は「当たり前のことが当たり前ではないと、全てのことに感謝できている」としみじみ。周囲をこれまで以上に思いやる気持ちが、プレーの安定感にもつながっていると考えている。(パリ時事)

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。