«
»

妻・母・女性としての不安や葛藤に共感を呼ぶ

映画「82年生まれ、キム・ジヨン」、キム・ドヨン監督

妻・母・女性としての不安や葛藤に共感を呼ぶ

育児と家事に追われるジヨンを演じたチョン・ユミ(手前)と夫デヒョンを演じたコン・ユ ©2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.

 結婚を機に仕事を辞め、育児と家事に追われるキム・ジヨン(チョン・ユミ)。常に誰かの母であり、妻である彼女は、閉じ込められているような感覚に陥ることがあった。妻ジヨンの表情が、やつれていることを薄々気づいていた夫のデヒョン(コン・ユ)は声を掛けるが、ジヨンは「疲れているだけ大丈夫」というだけだった。

 ある日、突然、他人が乗り移ったかのような言動をするようになり、その時だけジヨンの記憶がすっぽりと抜け落ちていた。デヒョンは、思い悩んだ揚げ句、一人の精神科医に相談に行く。「本人が来ていただけない限り改善は難しい」と告げられるのだった。

 仕事を持っていた女性が結婚し、子供を授かり子育てをする。核家族となり夫と子供と自分のみの生活が中心になる。

 専業主婦で子育てをやり始めると女性は孤独を感じるようになる傾向がある。心のどこかに仕事への思いやこれまでの人生の中で経験した男女の不条理といった鬱屈(うっくつ)した精神面の世界をうまく切り取っている。

 夫が優しい言葉を掛けるが、その優しさが次第に重荷になっていく。さらに夫の家族や自分の家族の言動にことさら敏感になってしまう。

 ジヨンを演じたチョン・ユミが、妻であり、母親であり、そして一人の女性としての不安や葛藤、鬱屈した思いをうまく演じている。今、子育て中の女性には共感する面が多々あるだろう。一方、夫側にも心当たりがあるはず。デヒョン役のコン・ユが戸惑いながらも優しく見守る夫を好演している。

 夫婦一緒に視聴することをお勧めしたい作品だ。

 監督は、自身も子育てをしながら学校に通っていたこともあるキム・ドヨン。原作は、日本でも大ヒットした同名小説。10月9日より新宿ピカデリー他、全国公開。

(佐野富成)

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。