«
»

御嶽山噴火6年で追悼式、犠牲者の冥福祈る

長野県王滝村の松原スポーツ公園で、新型コロナで縮小

御嶽山噴火6年で追悼式、犠牲者の冥福祈る

松原スポーツ公園行われた追悼式で、献花し手を合わせる遺族ら=27日午後、長野県王滝村(代表撮影・時事)

御嶽山噴火6年で追悼式、犠牲者の冥福祈る

御嶽山の噴火から6年を迎え、慰霊碑に手を合わせる遺族=27日午前、長野県王滝村(時事)

 死者58人、行方不明者5人を出した御嶽山(長野・岐阜県境、3067メートル)の噴火から6年を迎えた27日、麓の長野県王滝村の松原スポーツ公園で犠牲者の追悼式が開かれた。遺族や地元関係者ら約60人が参列。噴火時刻の午前11時52分にサイレンが鳴り、参列者が黙とうをささげた。

 追悼式は同村と同県木曽町が主催。今年は新型コロナウイルス感染防止対策の観点から、遺族らに積極的な参加を求めず、遺族代表のあいさつも中止となった。阿部守一長野県知事が「噴火災害の教訓を忘れることなく、安全対策に万全を期すことを誓う」と述べた後、遺族らが献花台に白菊などを供えた。

 岡山県赤磐市の堀口純一さん(74)は、会社の同僚2人と登山していた長男英樹さん当時(37)を亡くした。「どこからか(息子が)帰ってくるのではないかという気持ちがある。なぜ当時、(噴火警戒)レベルが上がっていなかったのかと、6年たっても思っている」と、悔しさをにじませた。当時、御嶽山の噴火警戒レベルは「平常」を示す1だった。

 今も行方が分からない野村亮太さん入山時(19)と当時一緒に登っていた叔父で愛知県刈谷市の野村正則さん(57)は「自分にとって6年はあっという間だったが、亮太を6年も待たせており、非常につらい期間だった。来年は必ず連れて帰りたい」と話した。

 御嶽山は2014年9月27日に噴火。登山者らが噴石の飛散などに巻き込まれた。王滝村は今年8月、王滝頂上までの登山道規制を解除。噴火後初めて、山頂の剣ケ峰と合わせ二つの頂上に登ることが可能となったが、王滝頂上と剣ケ峰をつなぐ尾根「八丁ダルミ」の立ち入り規制が続いている。

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。