«
»

菅首相が国連総会で初演説、五輪来夏開催へ決意

ビデオ映像による一般討論演説、 コロナ収束を 「積極主導」

菅首相が国連総会で初演説、五輪来夏開催へ決意

国連総会で事前収録のビデオ映像による一般討論演説を行う菅義偉首相(AFP時事)

 菅義偉首相は26日(米東部時間25日)、ニューヨークで開催中の国連総会で、ビデオ収録による一般討論演説を行った。新型コロナウイルスの感染収束に向け、日本が「国際的な取り組みを積極的に主導する」と宣言。来年夏に延期された東京五輪・パラリンピックを開催する決意を示した。

 首相が国際会議の場で外交に関する見解を示す初めての機会。今年は新型コロナの影響で、事前収録した映像を流す形で行われた。

 新型コロナの世界的な流行について、首相は「今回の危機を協力を深める契機にしたい」と強調。感染拡大の責任をめぐり米中両国が対立を深める中、国際協調の重要性を訴えた。

 その上で「来年の夏、人類が疫病に打ち勝った証しとして、東京五輪・パラリンピックを開催する決意だ」と表明した。

 首相はまた、治療薬やワクチンを途上国も含む各国が公平に確保できるよう支援すると明言。日本独自の取り組みとして①医療・保健分野で1700億円超の対外支援②途上国の経済を立て直す最大5000億円の緊急円借款-を実施しているとアピールした。

 「日本も喫緊の課題としてデジタル化に取り組む」と述べ、自身が重視する行政のデジタル化を国際公約に掲げた。

 北朝鮮による日本人拉致問題をめぐっては「解決には一刻の猶予もない」と指摘。「日朝平壌宣言に基づき、拉致・核・ミサイルといった懸案を包括的に解決し、国交正常化を目指す考えに変わりはない」とした上で、日朝首脳会談の実現を目指す考えを強調した。

 安倍政権が提唱した「自由で開かれたインド太平洋」や「積極的平和主義」にも言及。菅政権でも外交の基本方針として堅持する姿勢を示した。

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。