«
»

富士フイルム、来月「アビガン」の治療薬申請へ

治験で患者の症状改善に一定の効果、医療機関で使用も

富士フイルム、来月「アビガン」の治療薬申請へ

富士フイルム富山化学の抗インフルエンザウイルス薬「アビガン錠」(富士フイルムホールディングス提供・時事)

 富士フイルム富山化学(東京)は23日、新型コロナウイルスの治療薬候補「アビガン」について、10月中にも厚生労働省に治療薬としての承認申請を行うと発表した。国内での臨床試験(治験)で、患者の症状改善に一定の効果があることを確認した。承認されれば、幅広い医療機関で使用できる可能性がある。

 治験は重篤ではない患者156人を対象に実施。PCR検査で陰性になるまでの日数を調べた結果、アビガンを投与しなかった患者が14・7日だったのに対し、投与した患者は11・9日で、2・8日短いことが確認された。

 既に分かっている腎機能や肝機能の低下など以外に新たな副作用は確認されていないという。ただ、胎児に影響が出る恐れがあるため、承認されても妊婦らへの投与はできない。

 アビガンは同社が開発し、国内では新型インフルエンザ向けの医薬品として承認されている。新型コロナへの有効性や安全性を確認するため、3月に治験を開始した。承認されれば日本で開発された薬としては初めてとなる。

 富山化学は当初、6月末に治験を終える計画だった。ただ、緊急事態宣言の効果などで一時的に感染者が減り、治験が予定通り進まなかったため申請の準備が遅れていた。

 新型コロナ治療薬として国内では、エボラ出血熱用に開発した「レムデシビル」が承認され、抗炎症薬「デキサメタゾン」も使用が認められている。

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。