«
»

「第三のビール」、買いだめの動きが広がる

10月の増税を前に駆け込み需要、メーカーは増産を急ぐ

「第三のビール」、買いだめの動きが広がる

10月の税額引き上げを告知する店頭広告が掲示された「第三のビール」売り場で、作業する担当者=15日、東京都大田区のMEGAドン・キホーテ大森山王店(時事)

 酒税改正で10月1日から、第三のビールの税額が350ミリリットル換算で9・8円引き上げられて37・8円になる。昨年10月の消費税増税を超える上げ幅となり、消費者による買いだめの動きが広がっている。ビール大手は駆け込み需要を取り込もうと増産を急ぐ一方、350ミリリットル換算で税額が77円から70円に下がるビールの販売増を見越した商戦も熱を帯びる。

 MEGAドン・キホーテ大森山王店(東京都大田区)の酒売り場では、第三のビールの箱をぎっしり積み上げ、「買うなら断然、今」との店頭広告を掲げる。同店によると春以降、ビール類の売り上げが好調で、9月は第三のビールの販売額が前年同月比約1・5倍。新型コロナウイルスの感染拡大で、オンライン飲み会など「家飲み」の機会が増えており、売り場担当者は「(消費税増税前の)昨年以上の勢い」と手応えを感じている。

 ビール大手4社は需要を逃すまいと、そろって9月に第三のビールの増産を計画。サントリービールが前年同月比1割強、ほかの3社は2~3割増やす。サントリーやアサヒビールは、財布のひもを握る主婦層を狙い、カレールーや食用油などの「おまけ付き」もそろえる。

 10月以降は、税額が下がるビールの販売を強化する。キリンビールは健康志向の高まりを受け「キリン一番搾り 糖質ゼロ」を発売する。サッポロビールは「サッポロ生ビール黒ラベル」でアパレルブランドと協業し、缶のデザインに趣向を凝らした限定品を出して若者にアピールする。

2

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。