«
»

現場で再捜索、「どこかで無事に」と信じる母

成田市の小倉美咲さんが山梨で行方不明になって1年

現場で再捜索、「どこかで無事に」と信じる母

小倉美咲さんが行方不明となったキャンプ場で、情報提供を求めるチラシを配る母とも子さん(右)=21日午前、山梨県道志村(時事)

現場で再捜索、「どこかで無事に」と信じる母

小倉美咲さんが行方不明となったキャンプ場で、周辺を捜索する山梨県警の機動隊員=
21日午前、山梨県道志村(時事)

現場で再捜索、「どこかで無事に」と信じる母

山梨県道志村のキャンプ場で行方不明になった小倉美咲さん(家族提供)(画像を一部加工しています・時事)

 山梨県道志村のキャンプ場で、千葉県成田市の小学1年だった小倉美咲さん(8)が行方不明になってから1年となった21日、県警が現場周辺を再捜索した。現場で母とも子さん(37)は「無事でいると信じて捜し続ける」と語った。

 捜索は午前10時半ごろから始まり、機動隊員が「椿荘オートキャンプ場」周辺の川やダムなどを調べた。県警は周辺の道路で検問も実施し、情報提供を呼び掛けた。大規模な捜索は5月27日以来。

 とも子さんはキャンプ場の利用客に、「1年たってこのくらいまで伸びていると思う」と自分の髪を指しながらチラシを配布。報道陣の取材に対し、「一日一日、母親としてできることをやってきた。あっという間に1年がたってしまった。どこかで無事に頑張ってくれていることを信じて、捜し続けようと思っている」と話した。

 県警は事件と事故の両面で、捜査や情報収集を続けている。今月20日までに3586件の情報が寄せられたが、有力な手掛かりは得られていない。

 美咲さんは昨年9月21日、家族らとキャンプ場を訪問。午後3時40分ごろ、近くの小川に向かった他の子供たちを1人で追い掛け、行方不明となった。黒の長袖シャツにジーパン、緑のスニーカー姿だった。

 情報提供は県警大月署 0554(22)0110まで。

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。