«
»

高さ390m、日本一高層ビル「トーチタワー」

三菱地所が東京駅前に建設、27年度の完成を予定

高さ390m、日本一高層ビル「トーチタワー」

東京駅前の再開発事業で誕生する超高層ビルの外観イメージ。高さ390㍍で2027年度完成予定(三菱地所提供・時事)

 三菱地所はこのほど、あべのハルカス(大阪市、300メートル)を上回り高さ日本一となる390メートルの超高層ビルを含む東京駅前の再開発地区の街の名称を「TOKYO TORCH(トウキョウトーチ)」にすると発表した。超高層の「トーチタワー」は2027年度の完成を予定。最上階からは富士山や都心が一望できる。

 総事業費は約5000億円。たいまつを意味するトーチを名称に採用し、日本を明るく照らすシンボルにしたいとの思いを込めた。ビルの外観もたいまつをイメージした。

 トーチタワーは地上63階、地下4階建てで、延べ床面積は丸の内ビルディングの3倍超の54万4000平方メートル。7~53階をオフィスフロアとし、高層階には展望施設とホテルを設ける。低層階は約2000席の大規模ホールを備える。

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。