«
»

50品種700株、秋を告げるダリアが咲き始める

秋田市雄和左手子の「よりみちダリア園」で

50品種700株、秋を告げるダリアが咲き始める

秋田市の佐々木勝男さんが開放している私設の「よりみちダリア園」=秋田市雄和左手子(伊藤志郎撮影)

 一足早く秋の訪れを告げるダリアが咲き始めている。秋田空港から車で15分ほどの農村地帯にある、私設のダリア園だ。秋田市雄和左手子の佐々木勝男さん(73)が自宅脇の畑約1000平方メートルに、約50品種700株をコツコツ植えたもので「よりみちダリア園」と名付け無料で開放している。

 佐々木さんは旧雄和町役場に長く勤め、在職中からダリアを栽培。市町村合併にも携わるなか、花の力に励まされたという。訪れた日は、白や黄色、赤い花が咲き、モンシロチョウが舞い、トンボが飛んでいた。

 自宅庭でダリアを2株育てている60代の主婦は「普通に世話していると、こんなに立派な花にはならないです。よく手入れしているのでしょう。今年は咲くのが遅くて、10月頃まで見頃だと思います」と話していた。

2

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。