«
»

三原じゅん子参院議員、厚生労働副大臣に決まる

政府は閣議で副大臣・政務官人事、女性起用は3人

三原じゅん子参院議員、厚生労働副大臣に決まる

首相官邸に入る厚生労働副大臣に決まった三原じゅん子氏=18日午後、東京・永田町(時事)

 政府は18日の閣議で、副大臣・政務官人事を決定した。厚生労働副大臣に自民党の三原じゅん子参院議員を充てるなど副大臣に女性が3人起用された。ポストは同党の派閥規模に応じてほぼ均等に割り振られる一方、菅義偉首相を支える無派閥議員も多数登用された。

 副大臣は計25人で、女性は三原氏のほか、文部科学副大臣の高橋比奈子衆院議員、環境兼内閣府副大臣の堀内詔子衆院議員。

 派閥別では、最大勢力の細田派が5人で、竹下派が4人、麻生派が3人と続いた。岸田、二階、石破各派は2人、石原派は1人。ある派閥幹部は「満額回答で良かった」と語る。二階派からは、旧民進党出身の鷲尾英一郎衆院議員が外務副大臣で起用された。

 無派閥は、三原氏と内閣府副大臣の藤井比早之衆院議員、総務副大臣の熊田裕通衆院議員の3人。いずれも首相を支持する無派閥グループの一員だ。公明党は3人。

 政務官は27人で、女性は3人。自民党の文部科学兼内閣府兼復興政務官の三谷英弘衆院議員、国土交通政務官の朝日健太郎参院議員も首相を支持する無派閥議員として知られる。

2

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。