«
»

復興をめざす福島から「ロボット産業革命」を

災害現場再現、研究開発拠点「テストフィールド」開所式

復興をめざす福島から「ロボット産業革命」を

福島ロボットテストフィールドで耐風性能を試験するドローン(小型無人機)=12日午後、福島県南相馬市(時事)

復興をめざす福島から「ロボット産業革命」を

福島ロボットテストフィールドの開所式で、テープカットに臨む内堀雅雄・福島県知事(前列左から3人目)ら=12日午後、同県南相馬市(時事)

 災害現場などを再現した環境でロボットの実証試験ができる研究開発拠点「福島ロボットテストフィールド」の開所式が12日、福島県南相馬市で開かれた。関連産業を集積し、「ロボット産業革命の地」への発展を目指す。

 東日本大震災からの復興に向け、県沿岸部に先端産業を集める国家プロジェクト「福島イノベーション・コースト構想」の一環。総工費約156億円を投じ、東京ドーム10個分に当たる約50万平方メートルの敷地に、橋やトンネル、ドローン(小型無人機)用の滑走路、水没した市街地など21施設を整備した。

 風速20メートルまでの送風装置を備えた施設では、ドローンの耐風性能試験ができる。敷地内の研究棟には「空飛ぶクルマ」を開発するベンチャー企業「スカイドライブ」(本社・東京)などが入居している。

 施設は3月に全面オープンしたが、新型コロナウイルスの影響で開所式が延期されていた。内堀雅雄知事は「世界に類を見ない施設だ。福島から革新的な技術や製品を生み出していきたい」と語った。

2

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。