«
»

ハイスペックな新型車両「17000系」を公開

東京メトロ有楽町線・副都心線で、来年2月にデビュー

ハイスペックな新型車両「17000系」を公開

東京メトロ有楽町線・副都心線の新型車両17000系=11日午後、東京都江東区(時事)

 東京メトロは11日、有楽町線・副都心線の新型車両「17000系」を東京都内の車両基地で報道陣に公開した。車いすやベビーカーの利用客に優しい車両を追求。来年2月に営業を開始し、2022年度までに21編成180両を投入する予定。

 同社によると、両線では06年の「10000系」の導入以来、約14年ぶりの新型車両。丸みを帯びたヘッドライトが特徴で、車内は有楽町、副都心両線それぞれのラインカラーである金色と茶色を基調としたデザインになっている。連結部分のドアや座席横の仕切りには透明な強化ガラスを採用し、車内の開放感を高めた。

 ドア出入り口の足元部分に約10度の傾斜をつけたほか、床面をこれまでより最大6センチ低くしてホームとの段差を縮め、車いすやベビーカーの利用客が乗りやすい構造に。全車両にフリースペースを設け、座席幅も3センチ拡大した。

 両線の利用客は1日計約177万人。設計課長の荻野智久さんは「技術を結集したハイスペックな車両。末永く愛される電車になってほしい」と期待を寄せた。

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。