«
»

堀江翔太初代主将ら歴代選手がファンに感謝

秩父宮ラグビー場でサンウルブズが活動終了セレモニー

堀江翔太初代主将ら歴代選手がファンに感謝

サンウルブズが開催したファン感謝セレモニーで質問に答える堀江(左)。右は大野=8日、東京・秩父宮ラグビー場(代表撮影・時事)

 南半球最高峰リーグ、スーパーラグビーから今年限りで除外となり、5年間の活動を終えた日本チームのサンウルブズが8日、東京・秩父宮ラグビー場でファン感謝セレモニーを開催した。一般公開はせず、オンラインなどで配信した。

 初代主将のフッカー堀江翔太(パナソニック)、フランカーのリーチマイケル(東芝)、引退した大野均さんら歴代のメンバーが出席。参入した2016年から5シーズンの戦いぶりをトークショー形式で語り合い、堀江は「常に高いレベルのゲームできつい部分もあったが、成長させてもらった」と振り返った。最多43試合に出場したプロップ浅原拓真(日野)の表彰式や、ファンとのオンラインでの質疑応答なども行われた。

 最終年の20年シーズンに早大在学中からプレーした22歳のSH斎藤直人(サントリー)は、オンラインで取材に応じ「自信になった。経験したことをトップリーグで生かしたい」と話した。

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。