«
»

日本陸連、東京五輪札幌コースの気象状況を調査

暑さ指数は高くても25~28度、50キロ競歩は寒さ対策も

日本陸連、東京五輪札幌コースの気象状況を調査

東京五輪のマラソン、競歩コースの気象状況を調査する日本陸連科学委員会の杉田正明委員長=8日、札幌市(アフロスポーツ/日本陸連提供・時事)

 日本陸連科学委員会の杉田正明委員長が8日、オンラインで取材に応じ、札幌市で開催される東京五輪のマラソン、競歩コースで5日から実施している気象状況の調査について説明した。来年8月の本番のレース時刻に合わせて温度、湿度、路面温度、日陰の状況などを確認し、「東京に比べて涼しいのは間違いないが、簡単ではない印象」と述べた。

 暑さ指数(WBGT)は東京は31度を超えることもあるが、札幌の調査では高くても25~28度。4時間近く歩き続ける男子50キロ競歩では、「レース後半、選手は(汗が冷えて)低体温になることも考えられる。寒さ対策も必要になる可能性がある」との見解を示した。

 マラソンの北大構内は木が生い茂って日陰が多いなど、コースの特徴を把握した。調査結果は代表選手と共有し、トレーニングや暑熱対策に活用してもらう。

2

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。