«
»

長崎はきょう、75回目の原爆の日を迎える

平和公園で「慰霊祈念式典」、コロナ対策で参列者縮小

長崎はきょう、75回目の原爆の日を迎える

75回目の原爆の日を迎え、平和祈念像前で手を合わせる親子=8日午後、長崎市松山町の平和公園(時事)

長崎はきょう、75回目の原爆の日を迎える

平和への願いを込めてともされた手作りのキャンドル=8日午後、長崎市(時事)

 長崎は9日、75回目の原爆の日を迎える。爆心地に近い長崎市松山町の平和公園では、午前10時45分から市主催の「長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」が営まれ、被爆者や遺族、安倍晋三首相らが犠牲者の冥福を祈る。

 今年は新型コロナウイルス感染症対策のため、参列者数を例年の10分の1程度の約500人に縮小したほか、被爆者による合唱を取りやめた。各国からは米露英など核保有国5カ国の代表が出席する。

 また、体験を長年伝え続けた被爆者への敬意と感謝を表明するため、今回初めて10秒前後の拍手の時間を設ける。

 式典で参列者は、原爆投下時刻の午前11時2分に黙とう。7月末までの1年間に死亡が確認された3406人の名前を記した原爆死没者名簿4冊を奉納する。死没者数は18万5982人となった。

 75回目の原爆忌を前に、長崎市松山町の平和公園で8日夜、キャンドルに火をともして犠牲者を悼む「平和の灯(ともしび)」が行われた。小中学生らが手作りした約5000本の炎が揺らめく中、参列者らは静かに黙とうをささげた。

2

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。