«
»

都内初、新型コロナ専用病院を今秋2カ所で開設

「速やかに受け入れ」、小池都知事が定例記者会見で発表

都内初、新型コロナ専用病院を今秋2カ所で開設

記者会見する東京都の小池百合子知事=7日午後、都庁(時事)

 東京都の小池百合子知事は7日の定例記者会見で、都内初の新型コロナウイルス専用病院を今秋、2カ所で開設する方針を明らかにした。それぞれ約100床ずつを設け、軽症・中等症患者用とする。小池氏は「専用病床を複数箇所確保することで、速やかに陽性患者を受け入れていく」と述べた。

 都によると、9月に東海大医学部付属東京病院(渋谷区)が新型コロナ患者の受け入れを開始。また、旧都立府中療育センター(府中市)を改修した上で、10月から運営を始める。

 都は新型コロナ病床として、目標とする2800床のうち2400床を確保。ただ、新規感染者が急増し、入院の調整に時間がかかることが課題となっていた。

2

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。