«
»

日英外相会談、「香港」と「コロナ」で連携

新型コロナの世界的な感染拡大後、日本の閣僚の初の外遊

日英外相会談、「香港」と「コロナ」で連携

5日、ロンドンで外相会談に臨む茂木敏充外相(左)とラーブ英外相(英首相官邸提供・時事)

 訪英中の茂木敏充外相は5日、ラーブ外相とロンドンのランカスター・ハウスで会談した。日本外務省によると、「国家安全維持法」が制定された香港情勢や、新型コロナウイルス感染症対策で日英が緊密に連携していく方針を確認した。

 新型コロナの世界的な拡大が顕著となった3月以降、日本の閣僚の外遊は初めて。

 会談では、香港市民や各国国民・企業の権利と自由が尊重されるよう連携し対応していくことで一致。立法会(議会)選挙が1年延期されたことについて重大な懸念を表明した。新型コロナ対策で茂木外相は「英国で開発が進められているワクチンについて期待している」と述べ、ワクチンや治療薬の開発などで連携していくことを確認した。

 茂木外相はトラス国際貿易相との間で、日英の新たな貿易協定の締結に向けた詰めの協議を行うため8日までの日程で訪英した。外相会談でも交渉の早期妥結の重要性で一致した。

 ラーブ外相は会談後の声明で、サイバーセキュリティーや気候変動対策でも日英で協力していく考えを強調。「パートナーシップの一層の強化を期待している」と述べた。(ロンドン時事)

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。