«
»

大会最年長出場記録、53歳カズが今季初出場

ルヴァン杯で、プレーで示した「責任」、ゴールは逃す

 53歳になっても尽きることのない情熱を、ピッチ上で存分に表現した。今季初の公式戦出場を先発メンバーとして果たした横浜Cの三浦。「チームが連敗している中で、何とか勝って良い方向に向くように。自分にはその責任があると思ってピッチに立った」。後半18分に退くまで、全力で駆け回った。

大会最年長出場記録、53歳カズが今季初出場

前半、ドリブルで攻め上がる横浜Cの三浦(中央)=5日、駅スタ(時事)

大会最年長出場記録、53歳カズが今季初出場

前半、ヘディングシュートが決まらず、悔しそうな表情を見せる横浜Cの三浦=5日、駅スタ(時事)

 左腕には赤いキャプテンマーク。入場数が制限されているため満員ではなかったが、スタンドの拍手に迎えられ、チームの先頭で入場した。24歳の草野と2トップを組み、虎視眈々(たんたん)と得点機を狙う。

 最大の見せ場は前半30分。右サイドから斎藤が入れた低いクロスに、難しい体勢から頭で合わせた。シュートは惜しくもGK正面。右手でピッチをたたき、悔しそうに苦笑いを浮かべた。「難しい形だったが、もう一つタイミングが良ければゴールになっていた」

 交代した後の後半ロスタイム。瀬沼が決勝ゴールを奪うとベンチを飛び出した。両手を挙げて満面の笑みを浮かべた。

 53歳の誕生日、2月26日に同じ場所で今季初出場を迎えるはずだった。新型コロナウイルスの影響で延期され、リーグ戦でもメンバー入りの機会は巡ってこなかった。腐らず、ひたむきに準備を続けてきた。

 カップ戦の最年長出場記録は打ち立てた。次はJ1リーグ戦の出場を狙う。「キングカズ」はまだまだ歩みを止めない。

3

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。