«
»

三遊亭圓朝ゆかりの地で「幽霊画展」を開催

落語界中興の祖、東京・谷中の全生庵で

三遊亭圓朝ゆかりの地で「幽霊画展」を開催

全生庵所蔵の左から、伊藤晴雨「怪談乳房榎図」、池田綾岡「皿屋敷」、鰭崎英朋「蚊帳の前の幽霊」

 東京・谷中(台東区)にある全生庵(臨済宗国泰寺派:住職・平井生修)で8月1日から、「幽霊画展」を開催。

 同庵は、江戸末期から明治にかけて活躍し、落語中興の祖と言われる三遊亭圓朝の墓がある。圓朝は「怪談牡丹灯籠」などの怪談創作の参考に幽霊画を収集していたことで知られる。

 圓朝が収集し、死後、その名跡を守ってきた藤浦家より寄贈され全生庵が所蔵する幽霊画を1カ月間のみの特別公開となる。伝・円山応挙作のものや伊藤晴雨、池田綾岡、鰭崎英朋、河鍋暁斎などの作品が展示される。

 期間は、8月31日(月)まで。開館時間10時から17時。拝観料500円。問い合わせ http://www.theway.jp/zen/ メール、[email protected]

1

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。